BIGMAN工法のトップへ

 

 
  1. ドリルユニットはリーミング掘削時の大きな荷重と回転力を受け止めることのできる強固な基礎ベースの上に、ガイドフレームを 寝かした状態で設置します。
  2. 「ビックマン」シリーズは大型のクレーン車が使えないトンネルや地下作業室などにも据付ができるように、ドリルユニットを分解することができます。上の図はBM-100N型ドリルユニットをもっとも細かく分解した場合を示します。
  3. 基礎ベースへ仮固定して、パワーユニットと連結できれば、油圧力を使ってガイドフレームを起こすことができます。
  4. パイロット孔が目標地点に正確に貫通するよう、高精度の測量器を使って慎重に設置角度を調節します。

 

 
ガイドフレームの据付
ドリルヘッドの取り付け
ガイドフレームの立ち上げ