温泉開発の流れ

 

温泉開発の事前調査

 

温泉の探査〜掘さく計画の立案

 

都道府県等への申請

 

ご契約

 

温泉ボーリング

 

省スペース・低騒音ドリル

 

給湯設備

 

温泉井戸と設備の維持管理

 

温泉開発のトップページへ
 
 

事前調査により、お客様の温泉開発候補地の中に温泉湧出の可能性がある場合、ご希望によりさらに詳しい温泉の探査を致します。
たとえば深層地下水型の温泉の存在が予想される場合、その地域の地温の上昇度合い(地温勾配)から、掘さく深度については仮の計画を立てることが容易です。つまり100メートルで3℃の地温勾配がある地域であれば、1500メートルの掘さくで、孔底では地上付近より45℃ほど温度が高くなりますので、もしここに地下水が存在すれば、それは温泉になります。
つまり、温泉探査とは温度の高い地下に地下水を探すことにほかなりません。
そこで地質踏査や航空写真を使った地質調査や放射線や電気・電磁波などを利用した「物理探査法」などにより、地下水のありそうな断層破砕帯をさがし、総合的な解析から、温泉掘さく地点やその深度を決定して、温泉の設計図に相当するケーシングプログラムを立案します。

 
 
 
 
 
   
 

トップページに戻る
      お問い合わせフォーム