日本語English中文
製品検索お問い合わせ

鉱研工業株式会社

鉱研工業株式会社

大口径岩盤掘削工事

ホーム > エンジニアリング > 大口径岩盤掘削工事

大口径岩盤掘削工事

あらゆる岩盤を制覇し、確実に進化しつづける・・・
画期的なレイズドリルとして開発された”ビッグマン”は、軟岩から硬岩まであらゆる地層に抜群の威力を発揮し、そのユニークな機構とダイナミックな性能は、構築物・地すべりなど、基礎杭用大口径掘削や削井など用途も広く利用されています。

施工手順

1
パイロット掘削(φ350㎜)
パイロットビット(スリーコーンビット)
パイロット孔掘削開始
パイロット孔の貫通
2
パイロットビット切離し~拡孔ビット接続
パイロットビット・ラウンドスタビライザーの取り外し
パイロット拡径ビットの取付け
拡径ビットの取付け完了
3
パイロット孔拡孔
パイロット孔拡孔ビット
パイロット拡径開始
拡径完了
4
スタビライザ及びロッド降下
ロッドポジショナーによる自動接続
スタビライザ降下
395mm大型スタビライザ
5
リーミングビット組立て・接続
坑内へのリーミングビットパーツ搬入
基本筐体とボトムセグメントの組立て
サイドセグメントの取付け
6
リーミング掘削
リーミング掘さくの開始
リーミングビットのカッター痕
貫通の瞬間
7
リーミングビット回収
リーミングビット回収開始(本体撤去ののち)
リーミングビット引き揚げ作業
回収されたリーミングビット

ビッグマンシリーズ

ビッグマンBM600A

大分県津久見市 φ6000㎜立坑掘削

ビッグマンBMシリーズの最大型です。
径6m級のリーミング掘さく能力があり、2008年の誕生以来数々の実績があります。 本体の高さは約7m、重量は35トン以上あります。
ビッグマンシリーズは分解された状態で掘削現場まで搬入し、現場で組み立てを行います。

ビッグマンBM500A

埼玉県秩父市 φ4750㎜立坑掘削

1993年の登場時は最大径4750mmのリーミングが可能な最大モデルでした。この機種で得たノウハウが、最大機種BM600Aの開発に大いに役立ちました。本体の高さは6.8m以上、重量は35トン以上あります。現在でも様々な現場で活躍中です。

ビッグマンBM150A

ラオス 立坑掘削

BM-150Aはレイズボーリングの本格的自動運転を初めて実現したモデルです。より大型の機種が岩盤掘さくに活躍する現在は、BM-150Aは地滑り対策用の基礎杭埋設用大口径掘さく、大規模水井戸掘削など様々な用途に利用されています。

ビッグマンBM100N

新潟県 ロックモール工法 ビットの設置

BM-100Nは、1960年代後半の登場以来、長らくBMシリーズの中核を務めてきました。より大型の機種が岩盤掘削を行うようになると、逆にコンパクトな特性を活かし、上下水道管や電線埋設管のための横穴を水平掘削する工法「ロックモール工法」用の機種となりました。

ツール編成図

スパイラルスタビライザ―

銀色のずらりと並んでいるのがスパイラルスタビライザー。直径349㎜で長さは1.5mです。

直径349㎜、長さ1.5mの場合、重量は一本あたり700㎏を超えます。

パイロットビットまたはリーミングビットの近くに取り付け、孔曲がり防止とビットの振れ止めの役目 を果たします。孔壁と接する部分には超硬合金が植え込んであります。また、内部にはスライムの逆流防止用のバルブ が組み込まれています。

ドリルロッド

掘削現場に積み上げられるロッド。

深度500mともなると40本程度のロッドが必要になります。

パイロットビットまたはリーミングビットの近くに取り付け、孔曲がり防止とビットの振れ止めの役目 を果たします。孔壁と接する部分には超硬合金が植え込んであります。また、内部にはスライムの逆流防止用のバルブ が組み込まれています。

スリーコーンビット

パイロット掘削に使われる3コーンビット。この現場の場合、φ349㎜のものが使われました。

3コーンビットによる、パイロット掘削開始時の風景。

このスリーコーンビットは、石油掘削にもよく使われていて、ボーリングの世界ではおなじみのビットです。KOKENスリーコーンビットはあらゆる地層を考慮し、歯の形状、チップの形状、あるいは配列などに数多くの工夫が施されています。ビットに使用される材料も最高級特殊鋼が用いられ、適切な熱処理が施されています。

拡孔ビット

拡孔ビット。この現場の場合、φ399㎜あります。

拡孔ビットを貫通したロッドに取り付けたところ。

パイロット掘削にて上部立坑と下部とがつながりますが、そのままの掘削径では大口径リーミング掘削 の場合、径が小さすぎるため、小さなリーミングビットで一度リーミング掘削を行います。これが拡孔掘削で、これに 使われる専用ビットを拡孔ビットと呼んでいます。これで広がった掘削孔に大口径リーミングビット用の大型スタ ビライザを設置します。

リーミングビット

ビットボディの坑内への搬入風景。写真はメインステムとよばれるビットボディの中心部分です。

ビットボディのその他のパーツを坑内へ搬入します。現場にある重機により牽引され掘削点まで運ばれます。

“ビッグマン”によるリーミングアップ用に使用されるもので、ビットボディ、メインステム、ローラーカッター、ヘッドローラーから構成され、ビット径は1,150~6,121mmが標準です。通常、掘削現場まではパーツごとに搬入され、坑内のリーミング掘削点で組み立てを行います。

施工事例

当社が施工した、大口径岩盤掘さく機ビッグマンでの工事のうち、主なものを掲載いたしました。

西暦 場所 施主 機種 掘削径 備考
1967年 北海道 日本鉄道建設公団 BM-100 850mm
1968年 岐阜県 神岡鉱山 BM-100 1450㎜
1969年 ザンビア ルアンシャ鉱山 BM-200 2430㎜
1970年 茨城県 日立鉱山 BM-100 1750㎜
1970年 オーストラリア スコシャ鉱山 BM-50N 800mm
1972年 長野県 東京電力㈱ BM-100N 1450㎜
1973年 福岡県 三井石炭鉱業㈱ BM-100N 1450㎜
1974年 福井県 日本亜鉛工業 BM-100N 1150㎜
1975年 沖縄県 沖縄開発庁 BM-100N 1450㎜
1976年 青函トンネル 日本鉄道建設公団 BM-100N 2050㎜
1977年 愛知県 中部電力㈱ BM-100N 1450㎜
1978年 インドネシア INALUM BM-100N 1450㎜
1979年 宮城県 宮城県 BM-100N 1750㎜
1980年 北海道 豊羽鉱山㈱ BM-100N 1750㎜
1981年 栃木県 東京電力㈱ BM-50N 800㎜
1982年 岡山県 中国電力㈱ BM-100N 1450㎜
1983年 宮城県 施主 BM-100N 1150 ロックモール
1984年 北海道 豊羽鉱山㈱ BM-100N 1750㎜
1985年 北海道 豊羽鉱山㈱ BM-100N 1750㎜
1986年 京都府 大阪ガス㈱ BM-100N 1150㎜
1987年 広島県 日本道路公団 BM-100N 1450㎜
1988年 ハワイ ハワイ水道局 BM-100N 1450㎜
1989年 愛媛県 日本地下石油備蓄 BM-100N 1750㎜
1990年 鹿児島県 住友金属鉱山 BM-100N 1750㎜
1991年 長野県 日本鉄道建設公団 BM-100N 1750㎜
1992年 長野県 中部電力㈱ BM-100N 1750㎜
1993年 新潟県 電源開発㈱ BM-150A 1470㎜ 斜坑51°
1994年 香港 PWD BM-100N 1470㎜
1995年 鹿児島県 住友金属鉱山 BM-150A 1750㎜
1996年 兵庫県 関西電力㈱ BM-500A 3400㎜
1997年 北海道 施主 BM-100N 1450㎜ ロックモール
1998年 岩手県 建設省 BM-500A 2440㎜
1999年 群馬県 東京電力㈱ BM-150A 1470㎜
2000年 大分県 ㈱戸高鉱業社 BM-500A 4750㎜
2001年 宮崎県 九州電力㈱ BM-150A 2440㎜
2002年 大分県 施主 BM-500A 4750㎜
2003年 大分県 太平洋セメント㈱ BM-500A 2440㎜ 斜坑46°
2004年 岐阜県 水資源機構 BM-150A 1470㎜
2005年 ラオス ラオス政府 BM-150A 1850㎜
2006年 愛媛県 (独)石油天然ガス金属鉱物資源機構 BM-500A 2440㎜
2007年 ラオス ラオス政府 BM-150A 1500㎜ 斜坑52°
2008年 大分県 大分太平洋工業㈱ BM-600A 6000㎜
2008年 山口県 秋芳鉱業㈱ BM-500A 5080㎜
2009年 北海道 太平洋セメント㈱ BM-600A 6000㎜
2010年 福岡県 住友大阪セメント㈱ BM-600A 6000㎜
2011年 新潟県 電気化学工業㈱ BM-500A 4750㎜ 斜坑-70°
2012年 台湾 台湾電力 BM-100N 1450㎜
2013年 岩手県 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 BM-500A 5080㎜
2014年 三重県 太平洋セメント㈱ BM-600A 4750㎜
2015年 埼玉県 菱光石灰㈱ BM-500A 5088㎜
2016年 埼玉県 武甲鉱業㈱ BM-600A 6000㎜

OTHER SERVICE 他の事業を見る

鉱研工業の事業や製品へ興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。