日本語English中文
製品検索お問い合わせ

鉱研工業株式会社

鉱研工業株式会社

動的貫入試験

ホーム > エンジニアリング > 動的貫入試験

連続打撃動的貫入試験

ボーリング調査の省力化・効率化を目指して
連続打撃動的貫入試験は、RPD(ロータリーパーカッションドリル)の連続打撃掘削機構を利用して、地盤の打撃貫入抵抗(P値)を測定し、同時に土試料を採取する、サウンディング技術です。
P値とは:先端サンプラーが地盤に任意の深さまで貫入するのに要する、RPDによる打撃回数。また、改良地盤や軟岩など、高強度の地盤の場合は、小型ビットによる送水回転打撃を併用する場合もある。

連続打撃動的貫入試験システム概要

連続打撃動的貫入試験とは

この連続打撃動的貫入試験は、ロータリーパーカッションドリルの打撃掘削機構を利用して、回転させずに打撃だけを与え、任意の深さまでの打撃数を計測することにより地盤の強度を測定するサウンディング方法です。

P値の測定結果(貫入時間測定法)

開発の経緯

当初、このP値を求めるのに小型RPD機のドリルヘッドに装着した加速度計の変化から求めておりました。

しかしこの方法は機器の取付、計測作業が煩雑で試験のための時間がかかってしまうことがありました。(以下「実測P値」) そのため、より簡便な測定方法として、貫入に要する時間と小型RPD機の打撃密度からP値を求める方法を考案しました。(以下「計算P値」)前項の「連続打撃動的貫入試験システム概要」で述べたa:レイモンドサンプラー、b:小型ビットを装着し、加速度計から実測P値を計測し、さらに計算P値を計測したところ、一致度が高いことがわかりました。

測定結果の比較

このように、レイモンドサンプラー、小型ビットのいずれの場合でも、また、それぞれの様々な条件下でも実測P値と計算P値の一致度が高いことがわかります。

連続打撃動的貫入試験の用途例

連続打撃動的貫入試験の特長

地盤を選ばない試験

アロードリルシリーズのパーカッション機構を応用することにより、粘性土・砂・砂礫・軟岩などの自然地盤から改良地盤まで、幅広い地盤に適用できます。

スピーディな試験

この連続打撃動的貫入試験は一回の試験が数十秒~数分で終了し、効率的な作業が行えます。また、利用する小型アロードリルはガイドセルを装備し、足場やヤグラの仮設が不要である他、自走式で機動性に優れています。

シンプルな試験

アロードリルによる連続打撃動的貫入試験の先端サンプラーは、標準貫入試験用サンプラーをそのまま利用することが出来ます。従って、専用ツールの準備は最小限で済みます。また、P値は貫入時間を計測するだけで求めることが出来ます。

正確な測定

P値は、N値やNd(ミニラムサウンディング)と相関性が高く、それらと同様に地盤の硬軟やしまり具合などを判別できます。
また、採取される土試料は高品質で、土質や堆積構造を一目で判別できます。一台でボーリング、サンプリング、標準貫入試験も行うことが出来、連続打撃動的貫入試験を補完・補足調査として用いることにより、効率的に精度の高い地盤調査が可能となります。

連続打撃動的貫入試験の用途

建築物、道路、堤防、改良地盤

このように、狭隘な場所では、小型アロードリルが極めて適しており、また、シンプルな試験方法による専用ツールの少ないことが極めて有効です。

既設の建築物、滑走路、軌道などの直下

アロードリルシリーズには、傾斜掘削に適した機種もあり、既設建造物の破壊なしに試験を行うことが出来ます。

トンネル、その他各種地形、地層

さまざまな現場で活躍するアロードリルシリーズならではの現場地形・地層に遭遇するとき、連続打撃動的貫入試験の精度が非常に有効です。

連続打撃動的貫入試験の適応機種

連続打撃動的貫入試験に適したアロードリルシリーズ

ロータリーパーカッションドリルED-15B

極めて小型の車体に強力なロータリーパーカッションヘッドとウインチを搭載し、連続打撃動的貫入試験を狭隘な場所で行うことが出来る、土質調査機の決定版です。
全長:2630㎜
全高:最大3250㎜
全幅:最小980㎜
重量:1850㎏(すべて掘削時)
スペックはこちらをご覧ください。

ロータリーパーカッションドリルRPD-40C

土質調査機としては中型に分類されるロータリーパーカッションドリル、アロードリルRPD-40Cは、マルチアングルのガイドセルと強力な専用パーカッションドリルヘッドを備え、様々な姿勢制御が行えるため、トンネル内での水平ボーリング、斜面でのボーリングなどで柔軟な姿勢制御が行えます。
全長:5900㎜
全高:2000㎜
全幅:2300㎜(いずれも走行/運搬時)
重量:5500㎏
ガイドセル長:最大2990㎜
スペックはこちらをご覧ください。

ロータリーパーカッションドリルRPD-160C

連続打撃動的貫入試験は、迅速な計測が行えることから多点計測が可能な自走式が適しています。このRPD-160Cはその最大型のロータリーパーカッションドリルで、マルチアングルガイドセルとほぼすべての地層に対応できる強力な専用パーカッションドリルヘッドを備え、様々な姿勢制御が行えるため、土質、改良地盤を問わずトンネル内での水平ボーリング、斜面でのボーリングなどで柔軟な姿勢制御が行えます。
全長:7600㎜
全高:2720㎜
全幅:2420㎜(いずれも走行/運搬時)
重量:12500㎏
ガイドセル長:最大3360㎜
スペックはこちらをご覧ください。

OTHER SERVICE 他の事業を見る

鉱研工業の事業や製品へ興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。