地中熱利用システム

地中熱利用の特長

日本中いつでもどこでも気象条件に左右されることなく、季節・昼夜を問わず利用できる。年間を通じて安定した自然エネルギーです。

安定した熱源である地中熱を利用することにより、高効率な運転が可能となり、大きな節電効果が期待できます。

従来のシステムに比べて、CO2排出量を大幅に削減しますので、地球温暖化防止に貢献します。

冷房・排熱を外気に排出しないためヒートアイランド現象を抑制します。

鉱研工業厚木工場の展示施設

鉱研工業の厚木工場では、展示用として地中熱ヒートポンプシステムを設置し、電力計温度センサーによる熱効率・電力使用量の実験を行っています。ぜひ実際に見学してみてください。

  • 地中熱設備

  • 冷暖房パネルヒーター

  • 地中熱設備

  • 冷暖房パネルヒーター

除湿型放射冷暖房システムの採用により、放射と自然対流で、夏は木陰のような涼しさ、冬は陽だまりの暖かさを実感することができます。

(注)放射:人や物、建物全体に伝わる熱。例えば冬は同じ空気温度でも太陽が出ていると暖かく、日陰は寒い。また、夏はトンネルに入るとヒンヤリ気持ちよく感じる。それらは温放射・冷放射によるものです。

  • モニター

  • 厚木工場での掘さく光景

  • 温湿度・電力使用量を計測

  • 厚木工場での掘さく光景

利用できる補助金について

熱利用の設備を導入する民間事業者に対し、資源エネルギー庁より、補助対象経費の1/3以内の補助金が支給されます。
厚木工場のヒートポンプ冷暖房システムは、平成25年度再生可能エネルギー熱事業者支援対策事業に採択されました。(第25110781号)

ページトップへ